背中脱毛で私がした後悔

背中脱毛のコース内容や産毛対応可など確認が必要

背中脱毛を受けたがサロン選びに失敗背中脱毛のコース内容や産毛対応可など確認が必要背中脱毛にはサロン選びが重要

次に後悔したこととしては、背中脱毛には2つのコースがあるのを知らなかったことです。
実は背中脱毛は上部と下部で施術の部位が分かれており、胸の裏側くらいでその線引きがされています。
範囲が広いため、きっとそうしているのかもしれません。
ですがこれはどういうことかと言うと、背中全体を脱毛したいなら両方のコースと契約しなければならないということなのです。
よって料金も2コース分、手間隙も2コース分掛かります。
先述のようにただでさえ効果の薄さで多めにコストが掛かった私には、2コースというのは負担でしかありませんでした。
とはいえどちらか半分だけを受けるというのは、結構不恰好で気になるものです。

彼氏のような親密な人なら間近で見られる可能性が高いので、その際に上と下でムダ毛の有無が変われば余計恥ずかしくなります。
結局コースが分かれていると言っても、どちらか片方だけしか受けないという人はほぼいないのではないでしょうか。
最後の後悔は、産毛の硬化に関してです。
背中のムダ毛は大半が産毛なわけですが、産毛はレーザーの当たり方が悪いと、逆に濃く目立つ形で残ってしまいます。
このことは顔脱毛を以前受けた際に経験しており、ある程度の知識はありました。